ガーミン(GARMIN)の唯一の弱点とは?

ガーミン(GARMIN)シリーズ唯一の弱点

ガーミン走行画像

 

数年前にまだガーミン110を使っていた時に起こったことですが、GPS機能がどうしても働かない場所があります。

 

 

写真を見てもらえるとわかると思うのですがガーミンのGPSが効かない場所はトンネルです。

 

 

ガーミン(GARMIN)シリーズはトンネルではGPSが全く効かない

 

 

ガーミン(GARMIN)シリーズはトンネルでは使えないということ

 

 

もちろん

 

ガーミン910XTJフォアアスリート、フォアランナー

 

ガーミン610フォアアスリート、フォアランナー

 

ガーミン410フォアアスリート、フォアランナー

 

ガーミン110フォアアスリート、フォアランナー

 

シリーズ全てGPSが遮断されてしまいます。

 

 

これはどうしようもないのかな?とは思います。

 

トンネルに入ると電波は届かないのは仕方ないのはわかりますから・・・

 

 

ただ長時間トンネルを走るとデータが飛んだ状態からスタートになるので正確な距離や時間がわからなくなります。

 

 

これが唯一のガーミンシリーズの弱点だと思います。

 

ただこれもガーミン社はわかっているので

 

 

GARMIN(ガーミン)フットポッド

 

というのをリリースしています。

 

これを使えばGPSを補足できないトンネルや、屋内のジムでもランニングデータの計測が可能になっています。