ガーミン(GARMIN)の充電方法

ガーミンを充電するときの注意点!

ガーミン910充電

ガーミン910充電

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガーミンを充電するにはこれを気をつけないと壊れた?

 

と勘違いしてしまいます。確かに壊れているといえば壊れているということになりますが、もう仕様だと思ったほうがいいですね。

 

 

充電するときの注意点

 

ガーミンの充電は、写真見たいにクリップみたいなものを時計に挟んで充電します。

 

時計側に小さな穴があってクリップ側に小さな棒みたいなものが出ています。

 

棒を穴にいれると充電スタートなのですが

 

 

しばらく使っていると、ある時・・・

 

 

いきなり充電が出来なくなることがあります。

 

 

なぜか?というと

 

 

走っていたり、濡れたりしてだんだんと穴に汚れが入ってきます。

 

 

そうなるとある時、急に接触不良になってしまうということがよくあるんです。

 

 

そうなると急に充電できないので

 

え?壊れた?

 

と思ってしまいますが大丈夫

 

ガーミンの穴に汚れが詰まっているだけなのでこれを取ってやるんです。

 

ただの接触不良になってしまっているだけなんです。

 

私も最初、そうなった時にはかなり焦りました。

 

 

ガーミン充電時接触不良の対策方法

 

最初につまようじみたいな先の尖ったもので穴の周りを「グイ」っと回して小さな汚れをとってやります。

 

そこから、尖った鉛筆の芯を穴の周りでグリグリとしてやれば

 

鉛筆の芯の中に入っている成分のカーボンが通電を良くしてくれます。

 

これだけで簡単に充電が復活するようになります。

 

これでダメなら充電する側のクリップを掃除すれば大丈夫なことが多いです。

 

 

もし、ここまでやってダメなら修理依頼・・・と言う感じですね。

 

今までこれだけで充電があっさりできるようになったので大体はいけると思います。